新築ライト

知多市東海市憧れの注文住宅! 照明の種類と選び方について

住宅の照明は、ライフスタイルや、それぞれの部屋のイメージや目的に合わせて選ぶことが大切です。照明の種類やデザインによって、大きく印象が関わる大切なポイントのひとつである照明。今回は、家づくりをすすめる際に知っておきたい照明について解説します。

◆照明の種類

一口に「照明」といっても、その種類はさまざまです。ここでは、代表的な種類と特徴を紹介します。
全般照明空間全体を明るくするための照明です。明るさを調整出来るタイプを選ぶと、室内での過ごし方に合わせて効果的に活用できるのでおすすめです。
・シーリングライト
天井に直付けするタイプの照明です。天井を意味する「シーリング」の名の通り、部屋全体を均等に照らします。
色や明るさを調整できるタイプがおすすめです。照明のカラーは、昼光色と電球色があり、例えば、食事をするときは明るい昼光色、リラックスして寛ぎたい時は電球色など、過ごし方に合わせて調整できます。最近では、薄型のタイプが主流で、リモコン付きもあります。
・ダウンライト
天井に埋め込むタイプの照明です。天井をフラットに見せることができるため、すっきりした部屋の印象になります。シーリングライトのように光が広がらないので、例えば、リビングテーブルを照らす役割として活用できます。
・ペンダントライト
ペンダントのように、天井からコードを伸ばして吊るす照明です。ダイニングテーブルの上に設置してテーブルを照らすなどの用途に使われます。また、ダルトレールという部品を使うと、複数個のペンダントライトを吊るして位置を変えることもできます。
部分照明全体照明を補う照明を部分照明と言います。
・フロアスタンド
部屋に設置するタイプの照明器具で、コンセントを挿して使用するタイプのものなので、設置予定の近くにコンセント口が必要です。インテリアとして使用したり、間接照明に使用するケースもあります。あらかじめ部屋に設置するスペースを設ける必要あるため、フロアスタンドを設置する際は、家具の配置なども計画しておくことが必要です。植物鉢の側や、家具やテレビの後ろ側において、壁を照らすなどの活用ができます。
・スポットライト
部屋の中の特定の個所を照らす目的で使用する照明器具です。絵画などのオブジェクトを照らしたり、壁をスポットライトで照らして演出するなど、部屋の雰囲気や目的に合わせて使用できます。
・フットライト
廊下や階段など、夜間の足元を照らす照明器具です。コンセントと組み合させたタイプの物や、人感センサー付きのタイプなどがあります。夜間に帰宅した時やお手洗いに行く際、階段や階段に設置しておくと、店頭のリスクを回避できます。

◆間取り別のおすすめ照明

・玄関
お客様をお迎えする時、そして防犯上でもおすすめなのが明るめの照明です。ダウンライトやフロアスタンドライトなどから、玄関のデザインに合ったものを選ぶと良いです。また、人感センサー付きのものを選ぶと、帰宅時に自動的に点灯するので、鍵を開ける時に便利です。必要な時にだけ点灯するので節約的でもあります。
・リビング
家族が集まるリビングには、部屋全体を明るくできるシーリングライトがおすすめです。部屋の畳数によって適したサイズがあるので、リビングの広さに合うサイズを選びましょう。また、シーンによって明るさを調整したい方には、調光スイッチがおすすめです。
・ダイニング
ダイニングテーブルの上に天井から吊り下げるペンダントタイプがおすすめです。ダクトレールという部品を使うと、複数個のペンダントライトを吊るしつつ、照明の位置を変えることが可能になります。
・寝室
置き型の照明機具を使わない場合や、ベッドから離れた位置に照明器具を設置する場合は、リモコン付きのスイッチがついた照明が便利です。天井に付けるシーリングライトやダウンライトも、リモコン操作で調色や調光、点灯、消灯ができます。睡眠前は温かみがあり、少し明るさを抑えるなど、お好みに合わせて調節できるタイプもあります。
・洗面所
できるだけ、鏡に映る顔色が自然に近くなるよう、昼光色のシーリングライトがおすすめです。青白い蛍光灯や暗めの照明は顔色が悪く見えてしまうので気を付けて選びましょう。最近は、照明の種類も増え、お洒落な照明が沢山あります。デザインだけでなく、ライフスタイルや用途に合わせた照明を選ぶことが大きなポイントです。良くある注意点としては、次のようなことが挙げられます。
・照度不足
デザイン重視で照明器具を選び、いざ生活してみると暗すぎたということがよくあります。光の強さや広がりは様々なので、メーカーのカタログなどに掲載されている配光曲線図という図表化したものなどを参考に、よく確認して選ぶと良いです。
・電球交換のしやすい位置
階段の天井部など、脚立が起きにくい場所に照明器具を取り付けてしますと、電球の交換が自分で出来ないという問題が起こりえます。照明を設置する際は、実際の高さや脚立を置くことができるかなど、確認をして取り付けることをおすすめします。kk住宅に設置する照明の種類や、失敗しない為のポイントについて紹介しました。知多市、東海市で注文住宅をご検討中の方、照明器具についてご相談がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 東海市の新築玄関タイル

    東海市で安心!注文住宅~しっかりと選びたい玄関 タイル~

  2. 注文住宅の壁掛けテレビ

    東海市で快適!注文住宅~壁掛けテレビの失敗しない 方法は?~

  3. 注文住宅のタイル

    東海市の注文住宅~キッチンの床はタイル派?フローリング派?~

  4. 東海市で理想の注文住宅!サンルームで家の中に暖 かい光を取り込もう♪

  5. 冷房節約術

  6. 内装材って何?

  7. いい家は注文住宅で建てる

  8. 生ゴミの処理方法

最近のコメント

    PAGE TOP