規格住宅のメリットは?注文住宅や建売住宅との違いを東海市の工務店が解説

規格住宅という言葉を聞いことがありますか?注文住宅の一種なのですが、価格を抑えつつも高品質な家を建てられるとあって、注目を集めています。今回は規格住宅のメリットや、注文住宅と建売住宅の違いをお伝えします。これから新築の家を建てる予定がある方は、知っておいて損はない情報です。

規格住宅とは

そもそも、規格住宅とは「工務店やハウスメーカーが用意したプランの中から選ぶ」というものです。フルオーダーのように細部までこだわれませんが、その代わり打ち合わせ回数や工事期間が短縮できます。「注文住宅を建てたいけど、時間もお金も限られている」という方におすすめです。また、用意されたものの中から好きなものを選んで作れるので、きちんと好みも反映できます。

注文住宅や建売住宅とは違うの?

規格住宅は、注文住宅と建売住宅と比べて何が違うのでしょうか。

・注文住宅と規格住宅

どちらも注文住宅のくくりになります。違いは、注文住宅はフルオーダーで、規格住宅はセミオーダーというところ。細かい部分までこだれる分、コストもかさみがちなのが注文住宅。安く建てられる分、規格外の間取りや内装を採用するのは難しいのが、規格住宅です。

・東海市でも建売住宅と規格住宅を比べる方が増加!

建売住宅は、土地と建物をセットで販売しているものを指します。間取り・内装・設備など、すべてが決まっているので自由度はほぼ皆無です。しかし、ごくまれにですが、建設前に購入すると内装や仕様などが変更できる場合もあります。一方、規格住宅は建物のみを販売しているので、好きな土地に建てられます。建売住宅よりも、好みが反映しやすいのも特徴です。

規格住宅のメリット

・価格が安い

価格が安いのが、大きなメリットです。材料を一括仕入れすることでコストダウンにつながり、フルオーダーの注文住宅よりも価格が安くなります。また、構造計算や設計がすんでいることも、低価格の秘密です。

・予算オーバーしにくい

フルオーダーの場合、こだわるほどコストがかかるので、予算オーバーしやすくなります。一方規格住宅の場合、決まったものの中から選ぶので予算オーバーしにくいのです。しかし、ハウスメーカーや工務店によっては、価格の提示が分かりにくいところもあります。付帯工事費用などコミコミで提示しているところを選ぶと、さらに予算オーバーしにくくなるでしょう。

・完成後がイメージしやすい

決まったものの中から選ぶので、完成後のイメージがしやすいのもメリットです。イメージと現実の乖離が少ないほど、満足度は高まるでしょう。一方フルオーダーの場合、建ててみて失敗に気づくこともあります。

規格住宅のデメリット

メリットがあれば、デメリットもあります。

・自由度が低い

フルオーダーの注文住宅に比べ、自由度が低いのが最大のデメリットです。用意されているものに好みのものがない場合、追加料金を払えばカスタマイズできますが、規格によっては不可能な場合も。「あれもこれもこだわりたい」という方には不向きかもしれません。

まとめ

セミオーダータイプの規格住宅は、低価格・スムーズな工事・イメージの相違が少ないなどのメリットがあります。しかし、用意されたものの中から選ばなくてはならないので、自由度は低めに。一長一短ですが、価格を抑えつつある程度好みを反映させたいなら、規格住宅はおすすめです。イースタイルホームは高品質な規格住宅を提供しています。すべてコミコミのパッケージプランなので、分かりやすい価格も好評です。規格住宅が気になった方は、ぜひご相談ください。











関連記事

  1. 東海市からもアクセス良好な知多市の注文住宅モデルハウス

  2. 食洗機VS手洗い

  3. 地盤調査とは

  4. 注文住宅の予算の考え方

  5. エコジョーズ

  6. 注文住宅の無垢床を選択する際の知識

  7. 愛知県東海市で子育てしやすい注文住宅を建てるメーカーを探すには

  8. 注文住宅で玄関アプローチにスロープを設置する場合

最近のコメント

    PAGE TOP