もったいない家の買い方していませんか?

家を買うタイミングはいつ?

家を購入するきっかけとして、今の家と比較してメリットが多いところがある。という事を知ると前向きな検討ができるようになりますね。
賃貸住宅は環境が良くないわりに、家賃が高額だったりという事もあります。
そういった環境や金銭的なことをふまえて家を購入しようと決断する方が多いです。
賃貸に比べ新築で暮らすという事は、どのようなメリットがあるでしょう。

|もったいない家の買い方をしないために知っておくこと|

*金利*
金利の総支払額に大きな影響があるという事を考えず、消費税が上がってしまう事を気にしてしまってる方が多いという事が現状です。
賃貸住宅に住み続けると、家賃を支払い続けなければいけません。
その間に金利が上がってしまうと、結果、多額のお金を無駄にすることになりかねません。
低金利という事をなんとなく知っているだけでは、とても損です。
実際に計算してみることで、支払額が明確になってきます。

*毎月の支払い額*
住宅ローンと家賃を比べると、家賃の方が高い場合が多いです。
賃貸の場合は、貸主側が住宅ローン以上の利益を得ないと運営できないからです。 
住宅を購入し、長年住み続けていれば修繕費等がかかってきます。
賃貸の場合、家賃更新費用・引越し費用等を考えると、住宅ローンとほとんど違いがないことがわかります。 
その他に、賃貸の駐車場代を払ってる場合、一軒家だと駐車場代が全くかかりません。
一軒家を購入しようか迷ったときに、一番考えてしまうことは金銭的なことかと思います。
総支払額をきちんと把握することで、月々の支払額が見えてくるようになります。
注文住宅をお考えの方は、ローコストな住宅もあるのでご自分の予算に合わせたプランを作ることができますね。

*若いうちに購入*
若いうちに住宅を購入するなんてという考えをお持ちなのはわかります。
ですが若いうちに購入すると、メリットがあったりします。
「家」というのは資産であるため、転勤等で引越しすことになってしまっても、中古物件としての売却や賃貸の家賃を住宅ローンに回し、返済を早く終わらせるという例もあります。
住宅ローンの返済を早めに終わらせることができると、金銭的に余裕のある老後を送れるかと思います。
上記の事から、賃貸から住宅を購入という考えに変わっていくかと思います。

*中古物件*
新築だと高いので中古がいいと考えても、希望する条件に合わず、中古物件は安いものではないと悩む方も多いかと思います。
その為、悩んでいるうちに物件が売れてしまったという事も少なくありません。
中古物件は安いと思っていても、きちんとした金額を出してみると意外と高いという事がわかることもあります。

*希望のエリア*
住み心地の良いエリアに住宅を検討しようと思っても、希望通りにしようと思うと、高額すぎて購入できないという事があります。
土地探しの範囲を広げて条件に合うエリアがあることがわかると、購入するきっかけになると思います。

*安全な環境*
エリアを気に入ったとしても、どのような環境か知ることは大切な事です。
特に、子育てに適した環境を第一に考える必要があるかと思います。
その次に、交通機関、スーパーやコンビニ、公園や学校が近いか等も調べておくといいですね。
できれば、隣家や隣人の方の情報もチェックしておくといいと思います。

*まとめ*
住宅の購入は、人生の中で高額の買い物になります。
自分なりに情報収集をしもったいない家の買い方をしないようにしましょう。

関連記事

  1. 土地探しのための情報収集の方法と注意点

  2. 住宅の居心地のよい部屋づくり

  3. 新築とリフォーム、どっちがお得?

  4. ジブンハウス5

  5. 水切りラックが食中毒のもとに!?

  6. ジブンハウス3

  7. 東海市の注文住宅でグランピングを楽しむ!

  8. ジブンハウス注文住宅〖洗面化粧台〗施工例

最近のコメント

    PAGE TOP