新築リビング階段

東海市の注文住宅がご提案 ~リビング階段について~

家を建てる際、間取りにも関係してくるもののひとつが階段です。近年2階建てで採用される階段のひとつに「リビング階段」があります。吹き抜けとの相性も良く採用される方も多い階段の一つです。今回は、リビング階段について、メリットデメリット、設置の条件などをご紹介します。

◆リビング階段とは

リビング階段とは、その文字の通り、リビングに取り付ける階段のことを言います。階段スペースがリビング内に取り入れられた間取りで、リビングを通って上の階へ行くつくりです。玄関から各部屋へ行く廊下を最小限にすることができるため、リビングのスペースを広く取ることも出来ます。リビング階段を採用する方が増えてきたのは近年のことなので、まだ知らない方や馴染みのない方もいるかもしれません。吹き抜けのリビングとの相性が良く、また、家族と顔を合わせる機会が自然と増えるということもあり、今注目されている形式の一つです。

◆リビング階段のメリット

・家族の気配が感じられ、1階と2階のコミュニケーションが取りやすい
リビング階段を採用すると、2階へ行く際に必ず1階を通らなければならない間取りとなる為、例えば、お子様の帰宅が分かったり、家族がいつ外出するかを把握しやすくなります。自然と家族の様子をお互いに見ることができるため、コミュニケーションが取りやすい環境になります。
他にも、1回のキッチンと2回の子供部屋をリビング階段の近くに設けると、キッチンで料理をしながら、お子様の遊ぶ声が聞こえたりなど、別の空間にいても家族の様子を確認しあいながら暮らすことができます。

・収納スペースが出来る
階段の設置には広いスペースが必要となりますが、リビング階段にして階段の下のデットスペースを収納場所とすることで、リビングにも大きな収納を作ることが可能です。
・廊下のスペースをリビングに使うことができる
廊下のスペースを取らずに作ることができるリビング階段は、部屋のスペースを広く確保することが可能です。つまり、部屋を広く使うことができます。
・階段をベンチとして利用できる
リビングで過ごす際に、床に近い階段をベンチ代わりとして腰掛けて本を読んだり、お酒を楽しんだりと、居心地の良いスペースの一つとしても使うことができます。自由気ままな快適なリビング空間として活用できます。

◆リビング階段のデメリット

・冷暖房の効率が悪い
暖かい空気は上昇する傾向にあるため、階段で上下が繋がっているリビング階段は、特に1階のリビングが寒くなりやすいといわれます。つまり暖房効率が悪くなるといえます。
・上下階の生活音が響きやすい
家族間で、生活時間が大きく異なると、1階と2階の間で生活音が響きやすく、気になる場合が有ります。1人で静かな空間を持ちたい希望の方にはネックになります。常に家族の気配を感じられるのは、リビング階段のメリットでもあり、場合によってはデメリットにもなり兼ねます。
・料理のにおいが2階まで広がる
1階と2階の間に遮断するものがない為、キッチンから料理のにおいなどが2階に伝わりやすいです。

◆デメリットの対策方法

・冷気に対する対策

暖房効率が悪くなる傾向にあるリビング階段ですが、最近では断熱性に優れた作りのもの増えてきています。1階と2階の仕切りがなく、暖房で温める空間は広くなっている為、エアコンの位置を工夫したり、階段にロールスクローンや引き戸などを設置して空気の出入りを最小限にするという方法も対策法としてできます。アクリル製の引き戸は、明るさを保ちながら空気を遮断したい場合におすすめです。家を建てた後に必要となることもあるので、後付けできるように設計の際に作りに余裕を持たせておくのもよいでしょう。
・キッチンのにおいの対策
可能であれば、キッチンは壁付けにし、換気設備が充分なものにすると良いです。人気の高いアイランドキッチンは、リビングやダイニングに近い芭蕉に設置する為、料理のにおいや油汚れなどが部屋に充満しやすい状態になりやすいです。出来れば、キッチンを壁で覆い、カウンター式として一部を開放するなどの工夫をすると良いでしょう。
・生活音や来客に備えての対策法
例えば、休日に、家族が友達を家へ招いた際に、リビングを通らなければ部屋へ行けないという場合、お互い気をつかることも出てきます。そのような場合に備えて、簡易的に区切れるアコーディオンカーテンやロールカーテンなどを設置しておくのも対策として方法です。また、家具の配置や、テレビ台を回転式にするなどの工夫も良いです。

◆リビング階段の設置条件

リビング階段を快適に設置するには、直線階段の場合、約2畳を割けるリビングを作ることが望ましいです。階段スペースだけで、約0.9坪必要と言われている為、それに合わせてリビングの間取りを考える必要があります。上り下りをゆったりできる緩やかな階段を希望するのであれば、更に奥行きは必要となります。こういった条件も視野にいれて考えることをおすすめします。
吹き抜けとの相性も良く、家族のコミュニケーションが取りやすい人気のリビング階段。メリット、デメリットを知って、何を重視して生活したいかを検討されることをおすすめします。知多市の注文住宅で、快適なオンリーワンの家を建ててみませんか。気になる点などございましたら、東海市の注文住宅へお気軽にご相談ください。

関連記事

  1. 住宅の室内でのたばこはあり?

  2. 全室空調

    東海市で注文住宅を楽しもう~一度は憧れる全館空調 ~

  3. 夏の家

  4. 新社屋の地鎮祭でした!

  5. ジブンハウス2

  6. いよいよ販売開始!!

  7. もったいない家の買い方していませんか?

  8. 新築のウォークインクローゼット

    東海市の工務店が解説!知っておきたいウォークイ ンクローゼットの基礎知…

最近のコメント

    PAGE TOP