愛知県東海市で注文住宅を建てるスケジュール・完成までの段取り

一般的に注文住宅を建てる際に、土地探しから入居までにかかる期間は約10ヵ月と言われています。あらじめ「〇月には入居したい」という考えがあるのであれば逆算して早めに動き出すことが大切です。では、約10ヵ月という期間の中で、どのような流れで、どんなことを行うのでしょうか。今回は、注文住宅を建てる際のスケジュールと完成までの段取りについて確認していきます。

1.住宅会社選び

注文住宅を建てようと決意してはじめに行うことは、住宅会社選びです。ハウスメーカーか工務店か、さらにはどんな会社を選ぶのか。知多半島の東海市でも数多くの住宅会社があります。家を建てる上で大切なパートナーとなるため、とても大切な作業となります。住宅展示場周りやインターネットでの情報収集を行いましょう。この段階である程度の予算立てや、住宅ローンの資料集めなども始めておきます。

【関連記事】愛知県東海市の注文住宅の価格相場は?土地・建物を安くするコツもご紹介

2.土地探し

続いて行うのは、土地探しです。具体的に「東海市でもこの地域に住みたい!」と決まっている人もいれば、具体的な場所の指定はないけれど「駅から徒歩圏内」「子育てのしやすい場所」などの譲れない条件がいる人もいるでしょう。運よく、いい土地にすぐ巡り合う人、時間がかかる人と差はでます。期間として、1~3ヵ月くらいを目安にしましょう。

【関連記事】愛知県東海市・知多市で注文住宅の土地探しを成功させるポイント

【関連記事】愛知県東海市で注文住宅を建てる工務店の選び方

3.土地の売買契約・登記

気に入る土地を見つけたら早速、土地の売買契約を結びます。また、売買契約を結ぶ時には手付金として土地代の5%~10%支払うのが一般的です。

4.仮プラン作成

土地が決まると、仮のプランニング作成です。どんな間取りにするのか、住宅設備にするのかなど理想の家のイメージを形にしていきます。はじめに打ち合わせを行い、後日担当者が作成したプランと概算見積をもらう流れです。プランが仕上がる期間は、住宅会社・担当者によって大きな差がありますが、1~3週間が目途。1発OKとなるのは稀で、「ここは、やっぱりこうしたい」「ここをどうにかできないか?」などの希望を伝え、再びプランを作成してもらいます。

5.住宅ローン仮審査・事前審査

仮プランが決定したらローンを組みたい金融機関(知多半島、東海市内でも都市銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫等数多く選択肢があります。)を決めて仮審査・事前審査を受けましょう。仮審査・事前審査では年収、勤務先などのチェックがされ「きちんとローンを返済できるのかどうか」が審査されます。仮に仮審査・事前審査が通らなかったら、他の金融機関でもう1度審査を行う流れです。書類を提出し、審査がおりるまでの期間は金融機関によって差はあるものの、だいたい3~4日程度と考えておきましょう。

6.設計監理契約

設計監理契約とは、「これから注文住宅を建てるにあたって設計者に設計図書を作成してもらうこと、工事の管理を任せることを依頼する」といういう契約です。(設計監理契約は、プランニング作成前に行う場合とプランニング作成後に行う場合に分かれる)この契約で、おおまかな工事時期や設計管理料(支払い方法や期日なども含め)などを定めます。しっかりと契約内容に目を通し、納得した上で契約を結びましょう。

7.プランニング

仮プランを基に細かな部分までプランニングしていきます。外装や内装はもちろん、キッチンや浴槽などの住宅設備機器、床や壁紙の色など。打ち合わせの回数は個人差が大きくでます。全ての打ち合わせを合わせて多い人で20回を超える人もいるのだとか。週1回の打ち合わせと計算しても4ヵ月を超える期間となってしまいますね。少ない打ち合わせ回数でスムーズにプラニングを進めるためにも、自分の想いやイメージをしっかりと伝えるようにしましょう。

8.建築確認申請

プランニングが完了し、建築確認申請を行います。簡単に言うと、計画した内容通りに工事を進めていってもいいのか、審査機関に審査をとる申請です。審査がおり、建築確認済証が発行されると家を建てることができます。審査にかかる期間は約1~3週間です。

9.住宅ローン申込み

ここにきていよいよ注文住宅の住宅ローンの申込み、本審査が行われます。この本審査に通ってはじめてローンを組むことができるのです。仮審査・事前審査の時は審査がおりるまでに3日~4日とお伝えしましたが、本審査は厳密な審査が行われるため審査がおりるまでの期間も長くなります。もちろん金融機関によって前後しますが、1週間以上はかかると考えておきましょう。また、住宅ローンの申込み段階で、契約の印紙税や保証料、融資事務手数料などを支払う必要があります。

10.工事

住宅会社と契約を結び、住宅ローンを組んだらいよいよ着工。地域差もありますが、知多半島の東海市、知多市でも一般的に地鎮祭や上棟式を行い、工事がはじまるパターンが多いです。工事にかかる期間は、住宅会社や条件などによって差がでますが、だいたい5ヵ月程度。工事がはじまるタイミングでご近所に挨拶まわりをしましょう。

11.引き渡し

注文住宅の工事が完了し、いよいよ引き渡しです。「竣工検査」や「施主検査」が行われるため、完成した家が設計通りなのか、設備に不備はないかなどをしっかりと確認しましょう。万が一、この検査で不備が見つかった場合、手直しが行われます。引き渡しが延長になるか、場合によっては後日手直しの工事が行われることも。不備がないことを確認してはじめて、引き渡し完了です!

まとめ

注文住宅を建てるには、住宅会社の決定や土地探しなどの他にも細かな手続きや審査を行う必要があります。約10ヵ月という期間はあくまで目安。全体の流れをしっかりと頭に入れて、計画的に動き出しましょう。
今回紹介したスケジュールをスムーズにこなすためには、信頼できる住宅会社選びが重要です。愛知県東海市・知多市で注文住宅をお考えの方はぜひ一度、イースタイルホームにご相談ください。地域密着の弊社では土地探しはもちろん、資金計画等のサポートなどもしっかり行います。

関連記事

  1. 【愛知県東海市】ジブンハウスでどんな注文住宅が建つ?施工例をご紹介しま…

  2. 注文住宅の壁にホワイトボードという選択

  3. 和室の有無

  4. シックハウス症候群とは

  5. 注文住宅の窓ガラスには cp マーク

  6. 注文住宅の無垢床を選択する際の知識

  7. 注文住宅と建売住宅

  8. 地盤調査とは

最近のコメント

    PAGE TOP