東海市で注文住宅を建てた場合のキッチンの悩み解決①

東海市で注文住宅を建てた家のキッチンは調理器具があふれています。キッチンは和食はもちろん、中華料理、イタリアン、西洋料理、アジア各国の料理など多種多様な料理が作られています。それに伴いたくさんの調理器具があり、調味料、食器などを抱えなくてはいけなくなります。日本各地、東海市でも広々としたキッチンを備えている家はごく一部にすぎません。毎日使うキッチンだからこそ、快適で使いやすい場所になるようにしたいですね。

物であふれたキッチンから脱出する方法

日本の家庭のキッチンの物の多さは世界一と言えるでしょう。和食はもちろん、各国の料理が日常的に調理され料理の多さはとても多いです。その為、調理器具や調味料の数が増えていきます。キッチンがごちゃごちゃしていて調理がしにくい原因は、キッチンの物の多さが関係しています。まずは荷物を減らすことから始め、キッチンをすっきり見せる方法と収納方法を考えていきましょう。

本当に必要な物を見極めるために

誰もが持っている鍋。サイズ違いをいくつか持っていても使うのはいつも決まった鍋という家庭は少なくないでしょう。最適なサイズや家にある鍋の数を把握してなく、なんとなく買い足してしまっているなんてことはありませんか?東海市にはこのような用品が揃うお店が多数あり、すぐに手に入る環境にあります。一般的にこのキッチン用品は必要と既成概念にとらわれず、自分に見合った用品選びをすることが大切です。

”一番便利な鍋の口径は24cmがベスト”

キッチンをスッキリ見せる物の選び方

物が多くてごちゃごちゃしているキッチンをスッキリさせるには、物を減らすことが一番です。ですが、そんなにたくさんの物を置いてなくてもごちゃごちゃしているように見えてしまう事もあります。

物を選ぶと同時に色も選ぶ

スッキリ見せるためのポイントは、色と素材の選び方が重要だったりします。木やステンレスで統一してみたり、色も何色もの色を使わず統一させた色遣いにすることでスッキリして見えます。今の時代、キッチンの小物用品などどこでも手に入れることができます。東海市でも百円ショップが数多くあり、最近の百円ショップは色が統一して商品が置いてあることもあるので、お手頃に揃えることができとても便利です。

”色物はスポンジやクロスなどの消耗品だけに取り入れる”

キッチンをスッキリさせるしまい方

鍋は重ねて収納

鍋類はきちんと並べて収納した方が取り出しやすいですが、並べての収納だとかなりの場所をとってしまいます。なので、大きい鍋から小さい鍋へと順に重ねて収納し、蓋も同じ場所へ収納すると家事の効率が良くなります。フライパンのような浅い鍋は縦に収納すると良いでしょう。

”鍋はフタを逆さまにして重ね、フライパンは縦に収納”

使い勝手の良いキッチンのための収納計画

キッチンでの不要な物を処分できたら、キッチンに残っている必要な物の収納場所を考えましょう。キッチンには様々な形の物や大きさの物があります。それらを収納してもすぐに取り出せなくては意味がありません。市販の収納グッズを利用し、収納場所を工夫することでキッチンの使い勝手を良くする方法を考えましょう。

取り出しやすい浅い引き出しにはよく使う物を入れる

小物を仕分けして収納する

小さな物はついポイっと入れてしまう事が多いものです。キッチン用品で小さな物だと輪ゴムや箸置きなどです。見つけにくかったり他の物のところに紛れ込んだりしてしまって、引出しの中がごちゃごちゃになってしまいます。小さな箱などを利用し種類ごとに小分けをして、それぞれの収納場所を決めましょう。詰め込みすぎると引き出しが開かなくなってしまうので要注意です。

深い引き出しを無駄なく使う

鍋類や食品を調理台に出しておかない

調理器具は使った後には収納する。これが理想のキッチンをつくるための基本です。深い引き出しにはデッドスペースができてしまいがちですが、取り出しやすくするために重ね方を工夫するとたくさんの調理器具を収納できます。入っているものがわかると余計なものを買わなくなるというメリットにもなりますね。

出し入れしやすい収納力のある戸棚を設置

毎日使う食器はゆとりのある収納を

戸棚収納では物を詰め込みすぎると出し入れがしにくく、使わない食器が増えてしまいます。そうならない為に、棚板と食器との間に手が入るくらいの隙間をつくり取り出せる程度にしておきます。工夫一つで食事の支度が効率よくできますね。

取り出しやすさ、しまいやすさを第一に

無駄のない食品庫

保存食品の収納場所をキッチンと食品庫の2ヵ所に分けると便利です。手の届く場所にある引き出しには封を切った物やよく使う物を保管し、使用頻度の低い物はストック庫に収納すると良いでしょう。キッチン回りの収納をシンプルにすることで見栄えも良く、効率よく家事ができますね。

戸棚の扉裏は有効活用できる隠れたスペース

小さな工夫が大きな効果を生む

収納スペースが少ないと悩んでいる方は少なくないと思います。扉の裏にフックを取り付け、小物の収納スペースとして有効活用しても良いですね。

スッキリ片付けるための手順

物を減らすのは難しいことですが、自分の中のキッチンツールベスト10を決めておくことで、10点は残しておくと決めれますね。そうしておくことで自分にとって何が本当に必要かはっきりしてくるでしょう。

本当に必要なキッチンツールベスト10

いつも作っている料理を思い出し書きだす

料理の時に使うキッチンツールを書きだす

料理をするたびに使ったキッチンツールをメモする

数日、メモを継続する

本当に必要なキッチンツールベスト10の一覧を作っておくと、頭の中で大切なものを整理するより、メモを取ることで頭の中が整理されますね。こうすることによって、今まで考えなかったキッチンツールに対する思いが見えてくると思います。

関連記事

  1. ~家はスマホで買う時代~ジブンハウス東海

  2. 夏の家

  3. 住宅の居心地のよい部屋づくり

  4. ジブンメガネでモデルハウスVR体験

  5. 水切りラックが食中毒のもとに!?

  6. 新感覚の小上がりで暮らしの幅を広げよう!

  7. オープンハウスご来場いただきありがとうございました(*^_^*)

  8. 住宅の室内でのたばこはあり?

PAGE TOP