重曹活用術

 

お掃除に欠かせない存在「重曹」。

100均にも売っていたりと、手軽に購入でき、さらには人体への悪影響がないことで安心して使えますよね。

水で溶かして使うことが多いと思いますが、重曹にはもっとお掃除の方法があります。

 

|重曹とは|

そもそも重曹って何?と思われることもあるかと思います。

重曹の正式名称は重炭酸曹達です。

成分は、炭酸水素ナトリウムで弱アルカリ性です。

純度が高い順に「薬用」「食用」「工業用」の三種類あります。工業用は低価格で容量も多いですが、手が荒れやすいため、食用の重曹を使われることをオススメします。

また、保存は密封容器に入れ、使用期限がわかるようにしておきましょう。

 

|重曹水の作り方|

水100mlに対して重曹は小さじ1杯がちょうどいいです。

作り置きをしたくなりますが、水は腐るため、使いきれる量を作ってください。

重曹水は、皮脂汚れや油汚れなどの酸性の汚れを落とすのに最適です。

使うときは汚れに吹きかけ、水でぬらした布でふき取ります。

使える場所はお風呂場やキッチンの水回りやコンロ、冷蔵庫の中、プラスチック製品などです。

最後に水拭きをしないと重曹が白く浮き上がってしまうため、最後は必ずふき取るようにしてください。

だいたいの場所には使えると思ってしまいがちですが、使ってはいけない場所があります。

それは、畳などの天然素材のものです。重曹はアルカリ性であるため、天然素材のものに使ってしまうと、落ちない汚れを付けてしまうことになります。

 

|いろんな使い方|

粉のまま使うこともできます。

粒子が細かいので研磨剤のような役割も行ってくれます。

そのため、シンクのカビ汚れやカップの茶渋などもきれいに落とすことができます。

ペースト状でも使えます。

ペースト状ではコンロの頑固なこびりついた油汚れなどに適しています。

汚れの箇所にペーストをのせて、数分待つと汚れが浮いてきます。

 

 

いかがでしょうか?

100均で手軽に購入できるので、日々のお掃除に重曹を活用してみてください。

 

 

関連記事

  1. 火災保険とは

  2. 新感覚の小上がりで暮らしの幅を広げよう!

  3. 冷房節約術

  4. 玄関土間のメリットと活用法

  5. オープンハウスご来場いただきありがとうございました(*^_^*)

  6. 新築とリフォーム、どっちがお得?

  7. リノベーションとリフォームの違い

  8. 新居のゴキブリ対策

PAGE TOP