独立型キッチン

 

最近は、リビングやダイニングとの壁をなくしたオープンキッチンが人気です。しかし、今あえて独立キッチンを選ぶ人もいます。

そこで今回は独立キッチンのメリットをまとめて紹介していきたいと思います。

 

|メリット|

・料理に集中できる事

料理はひとりで楽しみたい!という方も多いですよね。自分だけのスペースを確保できるので誰にも邪魔されずに集中して料理を楽しめます。

 

・散らかっていても大丈夫

キッチンには調理器具や調味料などたくさんのアイテムがありますが、いつでもスッキリ収納させておくのは大変ですよね。そんな時、独立型キッチンでは急な来客があったときでもごちゃごちゃしたキッチンが見えないので、生活感を見せずにお迎えできます。

 

・水滴や油汚れが他の部屋に飛び散らない

キッチン周りは水滴や油で汚れがちです。キッチンが独立していれば飛び散る心配もありません。

 

・調理のにおいや煙が他の部屋に移らない

オープンキッチンでは壁がないため、調理のにおいや煙がダイレクトにリビング・ダイニングに流れます。換気扇の配置に気を使ったり、調理内容を制限する必要があります。しかし、独立キッチンは壁があるのでにおいが充満することを気にせず調理することができます。

 

・小さな子どもやペットに安心

火や油を使うキッチンでは子どもやペットにとっては危険な場所です。独立型キッチンは三方向を壁で覆われているので、入口に柵を設置すれば自由に入ることができないので安心です。

 

 

|デメリット|

・においがこもる

換気が十分に行われないとにおいがこもってしまうデメリットがあります。独立型キッチンは、リビングやダイニングと比べて必要最小限のスペース確保になりがちで、どうしても換気は不十分になりがちです。コンロ付近や天井に窓を設置すればそのデメリットも解消され、明るく、そして換気の良い空間が作れます。

 

・家族とのつながり

やはりリビングにいる家族との関わりが少なくなってしまいます。子どもの動向をうかがうのも不便のため、赤ちゃんがリビングにいる場合、調理に集中できないかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

今回は独立型キッチンのメリット・デメリットを紹介しました。

メリットを生かしつつ、デメリットを解消することができるような素敵な空間作りの参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. おしゃれで機能的なL字型キッチン

  2. 注文住宅の電気設備打合せ時に考えること

  3. ワンフロア生活

  4. 注文住宅の無垢床を選択する際の知識

  5. 和室の有無

  6. 2階にバスルーム

  7. 注文住宅にあう今どきのテレビ事情

  8. 東海市にもほど近い巽が丘駅徒歩圏内に注文住宅用地分譲中

PAGE TOP