注文住宅と建売住宅

注文住宅と建売住宅にはそれぞれメリットデメリットが存在します。

では、どんな人が注文住宅に向いているのか、建売住宅に向いているのか、それぞれ説明していきます。

|注文住宅|

注文住宅では、なんと言っても自由度が高いのが最大のメリットです。自分の建てたい土地に建てることができ、設備や間取りなど自分の好きなように決めることができます。また、いざ設計した住宅が完成するまでの建築過程も細かくチェックすることができます。そのため、デザインにこだわりがある人や、ライフスタイルや趣味を反映させたい人におすすめです。

しかし、なかなか自分好みの土地を見つけることが難しいです。実際に建物を見てから決めるのではないため、一般のお客様では仕上がりイメージがつきにくく、好きな間取りにしてみたが、使い勝手が良くなかったり、イメージと違ってしまった、なんてことも起こってしまいます。

|建売住宅|

建売住宅では、購入代金が明示されていて住宅の間取りや設備が決まっていて、実際に自分の目でみることができます。土地と建物を一括購入するため、1工程で短時間にマイホームを手に入れることができます。そのため、入居時期が決まっていたり、あまり時間をかけたくない人におすすめです。また、周囲に何棟も同時に建てて資材搬入コストをさげていることがあるため、注文住宅と比較すると価格は安くなります。

注文住宅と対照的で、間取りや設備が決まっているため、自由度は低いです。そして、建築過程をみることができないため、工事方法や材料などのチェックをするのは難しいです。

 

|まとめ|

以上のことから、予算に余裕のない方や、住宅に対してこだわりがない方、入居期限が迫っている方などは建売住宅が合っており、じっくりとマイホームを建てたい、建築過程もみたい、デザインにこだわりがある方などは注文住宅が合っているかと思います。

 

是非、一生に一度の大きなお買い物であるマイホーム、素敵なマイホームにするために一緒に考えていきませんか?

 

 

 

 

関連記事

  1. 注文住宅で無垢材を使う|東海市の注文住宅イースタイルホーム|

  2. 注文住宅の夏の日差し対策|東海市イースタイルホームの考え方

  3. 雨戸は必要?

  4. 注文住宅の壁紙に和紙クロスという選択

  5. 注文住宅では庇が雨対策になります

  6. キッチン収納

  7. 注文住宅の打合せスペース復活しました。

  8. 注文住宅の外構のお話

PAGE TOP