春の衣替え

暖かくなってきましたね。冬服の着る機会が減り、衣替えの季節になりました。ですが、衣替えといっても正しい収納をしないと、虫食いで生地をいためてしまう原因になります。衣替えのついでに、クローゼットの掃除をするのもよいかと思います。このタイミングで必要なくなったものは処分しましょう。

|衣替の準備|

まず、衣替えの準備しましょう。クローゼットからシーズンを終えた冬服を取り出します。

*洗濯をし乾燥させる*
汚れを落とすためにも洗濯をし、よく乾燥させましょう。
洗濯機では洗えないものは、クリーニングに出しておきましょう。
ここまでのことをきちんと行っていないと、虫食いやカビの原因になります。 春の次におとずれる季節は、梅雨になります。
クローゼットの中は湿気が原因で梅雨はカビが発生しやすくなります。
長期間しまっておく場合はよく乾燥させてからしまうようにしましょう。

|圧縮袋や収納ケースの利用|

女性は収納スペースがどれだけあっても足りません。
便利アイテムを使うことで、スぺ―スを有効活用することができますよ。

*圧縮袋*
少ないスペースでも圧縮袋を活用すれば、たくさんの衣類を収納することができます。かさばってしまう冬物は、圧縮袋を使うととても便利です。
そのさいに、衣類をしっかり乾燥させ防虫剤を入れて収納しましょう。

*収納ケース*
収納ケースはとても簡単に衣替えができます。
季節ごとの洋服を同じサイズの衣装ケースに入れておくと楽に衣替えができます。
そのほかに、手の届く位置には今シーズン使うもの、手が届きにくい位置には、今シーズン使用しないものを収納すれば、使い勝手がよくすっきりしたクローゼットになりますね。

|衣替えついでに|

衣替え季節がきたら、衣替えと一緒に必要なくなったものの処分をしましょう。着ることのなかった衣類など、不要だと思うものはこのタイミングで処分しましょう。
物を減らすために無理に捨てようとしなくてもよいです。
思い出の物や、これは残しておきたいと思うものは捨てずに取っておきましょう。
ですが、放置は禁物です。きちんと収納しておきましょう。
服のほかにも、使い古した靴やバッグも衣替えの時期が処分の時期かと思います。

|まとめ|

きちんとした洋服のお手入れと、保存をするとクローゼットの中もすっきりしますが、気持ちの面でもすっきりしますね。
ぜひ、衣替えを実践してみてください。

関連記事

  1. どんな注文住宅をつくろうか?

  2. 頭金はいくら用意すれば安心?

  3. 水切りラックが食中毒のもとに!?

  4. 住宅のナチュラルインテリアとは?④

  5. 住宅での季節用品や寝具のお手入れ

  6. 住宅のナチュラルインテリアとは?③

  7. 重曹活用術

  8. 東海市の工務店さんのGWは自宅で過ごす派が意外と多い

PAGE TOP