おしゃれで機能的なL字型キッチン

一口にキッチンといってもシステムキッチンの種類は様々です。

今回は多種多様なシステムキッチンの中から「L字型キッチン」をピックアップします。

コンロとシンクが90度に向かい合うL字型キッチンは、家事動線がよく作業効率が上がり、使い勝手が抜群。スペースも広くとれるので複数人と作業するのに適しています。

|壁付けタイプのL字型キッチン|

壁付けタイプの場合は、壁面上部全体に吊戸棚を設けられるため、大容量の収納を確保することができます。調理器具などを収納すれば見た目もスッキリします。

収納も作業スペースも確保できるのはL字型キッチンの魅力です。

|対面式L字型キッチン|

L字の一面のみを壁付けにする対面式では、リビングで遊ぶ子どもの様子がみられたり、家族とコミュニケーションしやすい理由から、とても人気のレイアウトです。

コンロを壁側に取り付ければ油ハネの心配もいりません。また、リビングからキッチン内が見にくいので、多少の汚れは気にしなくてもいいかもしれませんね。

壁との設置面積が少ない分、上部収納の容量が取りづらいですが、吊り下げのオープンシェルフを取り付ければ圧迫感がでず、おしゃれな収納として使用できます。

|コーナーのデッドスペースを活用|

L字型キッチンにする際におさえたいのが、デッドスペースになりがちなコーナー部分の活用法。

奥まで手が届きにくいため、使いづらい印象もありますが、あえて扉を付けずにオープンにすれば見やすくなります。

取り出しやすいかごを使用すると使い勝手が良いでしょう。

|冷蔵庫の位置を配慮する|

「コンロ・シンク・冷蔵庫」の三つの位置を全て同距離にしておけば、より少ない動きで調理や後片付けが行えます。

この距離は近すぎても遠すぎても作業効率が変わってしまうので、最適な距離を考慮しながら位置を考えましょう。

いかがでしたか?

L字型キッチンは家事動線も少なく、収納や調理スペースも広く取れ、壁付けや対面式の良さを取り入れている魅力たっぷりのキッチンです。

設置するスペースの問題やデッドスペースがうまく活用できそうならぜひ検討してみてください。

 

関連記事

  1. 注文住宅の電気代は見える化が大事です

  2. 勝手口は必要?

  3. 地鎮祭とは

  4. 注文住宅で検討の多い太陽光発電の考え方

  5. 【愛知県東海市】ジブンハウスでどんな注文住宅が建つ?施工例をご紹介しま…

  6. 注文住宅の予算の考え方

  7. 注文住宅の外構のお話

  8. 注文住宅の無垢床材の種類 東海市のイースタイルホームではチークが人気

最近のコメント

    PAGE TOP