東海市で注文住宅を建てた場合のキッチンの悩み解決②

眠っているキッチングッズの使いこなし方法

手早くお料理を作るために購入したはずのキッチングッズや調理器具。使わず棚の奥の方で眠っているなんてことありませんか?東海市で注文住宅を建てらた方のキッチンで、考えて作られているキッチングッズや家電等は、上手に活用すればキッチンのパートナーとして十分な仕事ぶりを発揮してくれます。一般的なキッチングッズや家電を中心とした基本的な使用方法はもちろん、そのグッズや家電だからできる使いこなし方があります。色々知ることで料理の幅が広がるかもしれませんね。

買いだめや作り置きで失敗しない冷凍保存法=冷凍庫

東海市のスーパーでまとめ買いした食材を使いきれずに処分したり、もらい物の農産物が食べきれず余ってしまって捨ててしまったなど、誰にでも一度は経験があるはずです。そんな時に役立つのが「冷凍保存」です。ですが、なんでも冷凍庫へ入れればいいという訳ではありません。食材や調理方法などによっては保存できる期間や保存方法は大きく変わります。冷凍保存を上手に使いこなしましょう。

おいしく冷凍・解凍する方法

食材を冷凍したら冷蔵庫のにおいがついてしまったとか、解凍したら水っぽくなってしまっていて食べれなかった。という経験が一度はあるかと思います。食材をただ冷凍庫へ入れておけばいいわけではありません。家庭の冷蔵庫で失敗なく冷凍し、解凍する方法を考えましょう。

・冷凍

水分をしっかり切る、拭く

水気が食材についたまま冷凍すると霜の原因となります。霜は食材の品質や味を悪くさせる原因の一つになってしまいます。生魚や切った野菜にも水分げ出るのでは注意しましょう。キッチンペーパーやなどで包み、軽く押しながら水気を拭き取ります。茹でたものは水気をよく絞り、さらにキッチンペーパーで包んで水気を取り除きます。レンジで加熱した後に冷凍する場合もきちんと拭き取りましょう。

小分けにして形を整える

全部固まってしまって使いたい分だけ取れないという事にならない為に、小分けにして冷凍しておくといいでしょう。切り身のお魚なら一枚ずつ、お肉なら100gt程度に分けて団子状にせず平らにして冷凍すると、早く冷凍できます。そうすることで解凍時間も短くてすみますね。

しっかり包む

冷凍するときはラップで包むか、冷凍用保存袋に入れてもいいですね。食材鮮度を保つため、冷凍庫のにおいが食品に移ることを防ぐため、表面に霜が付かなくなるという予防になります。

素早く冷凍

冷凍に時間をかけてしまうと食材の鮮度が落ちてしまいます。できるだけ短時間で冷凍し、品質の鮮度を保ちましょう。凍るまでは金属トレイに乗せて冷凍庫に入れると均一に素早く冷凍できます。

・解凍

何通りかの解凍方法を使い分ける

<自然解凍>

冷凍庫から冷蔵庫へ移すか、冷凍庫から出して自然解凍する方法。

<流水解凍>

水をためたボウルに浸し、水を少し出しながら解凍する方法。

<電子レンジ解凍>

電子レンジの解凍機能を使う方法。その際に加熱しないように注意しましょう。

<加熱解凍>

解凍されてないままの状態で煮汁に入れ煮る。オーブントースターで焼くなど解凍と同時に調理する方法。

肉・魚はゆっくり解凍をし野菜は手早く調理を

肉や野菜は急激な温度変化でドリップが出てしまい水っぽくなってしまったり、うまみ成分が抜けてしまいます。冷蔵庫に移して長くて8時間かけて解凍すると、生の状態とほとんど変わらないおいしさで調理できます。逆に野菜はゆっくり戻してしまうと野菜の繊維がスポンジ状になって食感が落ちてしまいます。凍ったままの状態で加熱調理するなど急速解凍がいいでしょう。

調理時間が短縮できる冷凍常備したい食材

使い切ることができなかった野菜や肉や魚をそのまま冷蔵庫へ入れるだけでは味も品質もすぐに変わってしまいます。簡単な下ごしらえをし冷凍すれば長持ちし、時間がない時の調理がぐっと楽になります。解凍しひと手間加えるだけでおかずが作れますね。

・野菜

野菜は水分や繊維が多いため、冷凍すると水分が膨張してしまい繊維が破壊されます。そのため口当たりが悪くなってしまいます。生でまるごとの冷凍はトマト以外は不適切です。基本は火を通してから冷凍しましょう。細かく切る、すりおろすなど繊維を切ってしまった状態にすると生で冷凍することができます。

・肉、魚

肉や魚は小分けにし冷凍することが大切です。切り身なら1枚ずつ、薄切りの肉なら1人分をラップで包みます。冷凍でも味がすぐ落ちやすい食材なので味付けをしてから冷凍保存するのがおすすめです。冷蔵庫に移してからの自然解凍が基本ですが、急ぎの場合は電子レンジ解凍もできます。

たっぷり買ったとき、作ったとき、冷凍しておきたい食材

東海市にあるスーパーで週末にたくさんの買い物をし、その材料でたくさんの常備菜を作り、おいしそうなパンもあったのでまとめ買いをした。うどんを茹ですぎて余ってしまった。こんな時は冷凍しておけば料理する時間がなかなか取れない時でも重宝します。

・半調理品

たくさん作っておいて、あとで解凍して使うおかずです。冷凍にはむいていない食材が入っている時もあるので、取り除いて冷凍しましょう。じゃがいも、人参、豆腐、こんにゃくは冷凍にむきません。

・加工食品

たくさん買ったとき冷凍しておくと便利なものといえば、室温や冷蔵庫の保存より保存期間はもちろん品質の劣化を防げ冷凍にむく素材です。チリメンジャコ、シラス、タラコ、ソーセージ、ベーコン、和菓子等があります。

関連記事

  1. 住宅の楽しくなる空間

  2. ジブンハウス3

  3. インナーバルコニー

  4. 頭金はいくら用意すれば安心?

  5. ジブンハウス注文住宅〖バスルーム〗施工例

  6. いい家は注文住宅で建てる

  7. どんな注文住宅をつくろうか?

  8. 住宅のナチュラルインテリアとは?①

PAGE TOP