Low-Eガラスって??

 

住宅に使用されるガラスはいくつか種類があります。

イースタイルホームでは、中でも「Low-Eガラス」を推奨しています。

なぜこのガラスを推奨しているのか?そもそも「Low-Eガラス」って何?と思われると思います。

では説明していきます。

 

|Low-Eガラスとは|

Low-Eガラスと調べるとこのようにでできます。

 Low-Eガラスとは板ガラスの表面に酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーティングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線の反

射率を高めている。

このため、Low-Eガラスを複層ガラスに使用することで、中空層の放射による熱伝達を低減し、高断熱性能を実現させる。 

(weblio辞書 https://www.weblio.jp/content/Low-E%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9 より)

、、、なんだか難しい言葉ばかりでよくわかりませんよね。汗

ざっくり説明すると、地域・気候に合わせたガラスを採用し、冬は暖かい熱を外に逃がさず、夏は涼しさをキープでき年間冷暖房費用も節約させることができます。また、UVカットも行うため、室内の色あせ防止にもつながります。

このようにLow-Eガラスは嬉しい機能がたくさんあります!

ぜひ、検討していただけたら、と思います。

 

 

詳しくは東海市の工務店イースタイルホームにお気軽にご相談下さいませ。

 

関連記事

  1. ダウンライトの色の種類を間違えると注文住宅のイメージが変わる!?

  2. 東海市にもほど近い巽が丘駅徒歩圏内に注文住宅用地分譲中

  3. 東海市で土地を買って注文住宅を建てる場合、窓にシャッターは必要か?

  4. 住宅における引き戸

  5. 2階にバスルーム

  6. 注文住宅のシンボルツリーにはシマトネリコ

  7. 東海市で注文住宅建てる際に保証内容をチェックする

  8. 注文住宅のドアはハイドア仕様がおすすめ

最近のコメント

    PAGE TOP