ソーラーパネルの設置

|そもそも太陽光発電とは|

太陽光発電は、文字通り太陽の光を利用して電気を作ります。

昔はお金持ちの人しかソーラーパネルを設置していませんでしたが、ソーラーパネルを設置するメリットが大きいため、最近では一般の家庭でもソーラーパネルをつけているのを見かけます。

 

|メリット|

太陽光発電で得た電気を使用するため、電気代が安くなります。設置をする際にオール電化にすることでガス料金を抑えることができます。

自宅で使って余った電気は電力会社に売ることができます。

もし、停電になったとしても太陽が出ている昼間であれば電気が使えます。そのため、明かりを灯すことができるだけでなく、テレビや冷蔵庫などの家電も引き続き使用することができます。

パネルを屋根に設置するため、夏は涼しく、冬は暖かくなります。

パネル自体の価格が高いため、傷んだり機能が低下したりすれば修理費用などが高くついてしまうと心配になりがちです。しかし、パネル自体の品質低下はほとんどなく、傷みや故障もほとんどありません。そのため、安心して使用できます。

 

|デメリット|

パネルは一枚当たり約16kgあります。そのため、新築以外でのせようと思うと、もともとのせる予定ではなかったため家に負担がかかります。

太陽がでている時に発電ができ、日射量に左右されるため、発電量が安定しません。

太陽光発電は高い買い物です。ちなみに、太陽光発電の設置費用はいくらなのかというと、最終的には地方自治体の補助金や設置するパネルの価格、枚数によって異なってきますが、だいたい100~200万円ほどします。

太陽光発電の保証期間は基本10年であり、保証期間であれば無料でメンテナンスをしてもらえます。しかし、10年を過ぎるとメンテナンス費用がかかってしまいます。

 

 

いかがでしたか?

高い買い物になるのでメリットデメリットを踏まえてしっかり考えながら検討してみてください。

 

関連記事

  1. 愛知県東海市で注文住宅を建てるスケジュール・完成までの段取り

  2. 注文住宅の夏の日差し対策|東海市イースタイルホームの考え方

  3. 注文住宅の仕上げ材について

  4. 東海市の注文住宅イースタイルホームは知多市巽ヶ丘でモデルハウス建築中

  5. 地盤調査とは

  6. プラスターボードにも種類があります。

  7. 注文住宅の外構のお話

  8. 注文住宅の窓ガラスには cp マーク

最近のコメント

    PAGE TOP