注文住宅の耐震性能について

注文住宅の耐震性能の判断基準は皆様それぞれでまちまちです。各住宅会社によっても表現方法が異なるのでどこまでの耐震性能を望むのか迷うところです。実験を沢山やっている住宅会社の耐震性能が強いのか。それとも構造材(柱、土台、梁材)が太い構造が強いのか。

住宅の強さは実はとっても複雑で一言では説明が困難ですが全国共通の物差しは存在しています。それが『耐震等級』です。骨組みの材料や材料の数量、又実験の回数等に関係なく国が定めた基準を満たした場合にそれぞれ耐震等級1、耐震等級2、耐震等級3という住宅の強さの指標が与えられます。(建築基準法をクリアしたものが耐震等級1=つまり耐震等級1未満の住宅の強さでは違法建築ということです)

こうなってくると当然耐震等級3で注文住宅は検討すべきですよね。厳しい設計基準をクリアする必要がありますので、最初のプラン検討段階から耐震等級を意識した間取りつくりですすめたいものです。

関連記事

  1. シックハウス症候群とは

  2. ワンフロア生活

  3. 東海市の注文住宅の基礎補強を考える

  4. 東海市で注文住宅を建てる内装材に木質メラミンボードはいかがでしょうか

  5. 注文住宅において忘れてはいけない重要設備

  6. IHコンロ

  7. 注文住宅でコストがあまりあがらないオプション工事

  8. 床材について

PAGE TOP