住宅の室内でのたばこはあり?

たばこの値段が年々上がってますね。それでも、まだまだ喫煙される方はたくさんいらっしゃいます。テレビ等で禁煙外来のCMが流れると、少し気になるという方も少なくないでしょう。街中や飲食店が禁煙となり、タバコを吸うかたは肩身の狭い思いをしているようです。愛煙家なら気を付けておきたいことを踏まえながら、この機会にたばこと愛煙家の暮らしについて考えてみましょう。

|室内がたばこ臭い|

愛煙家の方の家へ遊びに行くと、壁が黄色くなってしまっているなんてことがありませんか?
お部屋で喫煙される方のお部屋は、レースのカーテンが黄ばんでしまっていたり、たばこの吸殻が入ったままの灰皿が放置されているという方も多いのではないでしょうか。
そんなお部屋だとたばこの臭いが染み付いてしまいますね。
換気扇の下で吸ったとしても全ての煙は吸い取れないため、部屋全体に広がってしまいます。

*たばこの臭いをなるべく抑えるには?*

1.灰皿にビーズタイプの消臭剤を入れる。

2.灰皿に煙を吸い取ってくれる機能がついているものを使用する。

3.空気清浄機を置く。

4.たばこ臭専用の芳香剤を部屋に置く。

上記のようないろいろな工夫があります。
あと、コンパクトなマイナスイオン発生器なども販売されているようなので、ところどころに置くといいですね。

|部屋でたばこが吸えない時代|

たばこを吸うと、壁やエアコンがヤニで汚れてしまいます。
賃貸だと、喫煙者が退去時にかかる費用は禁煙者のかたと比べるととても高額です。
それならベランダで吸ったらいいんじゃないかと思った方も多いでしょう。
しかしそれは甘いです。
賃貸の場合は、廊下やベランダも共有部分のため要注意なのです。
路上喫煙も厳しくなってきています。
部屋でも外でも吸えないとなるとどこで吸う事になるのでしょうか。
真夜中に喫煙所まで走るのは面倒なことと感じる方がほとんどではないでしょうか。
多くの方はベランダや窓際、換気扇の下で吸い、周辺に煙がいかないように注意しているようです。

|部屋でたばこが吸いたい|

部屋でタバコを吸いたいという方にお勧めなのが、電子タバコです。
電子タバコでも、今は様々なものがあります。
タールが入っていないのでヤニが付く心配はありません。
臭いが少なく、たばこの臭いがしないものもあります 。
これだと、近所に迷惑がかかることもありません。
一度試してみてはいかがでしょうか。

|愛煙家と嫌煙家の歩み寄り|

たばこでストレスを解消をする愛煙家。健康に関心が強い嫌煙家。
二方の言い分は分からなくもありません。
愛煙家の、車の排気ガスを毎日吸っているのに、たばこの煙だけがダメなんてことはおかしな話です。
喫煙者は高額税金のたばこを購入しています。
喫煙者だけが悪いとは言えないとも思います。
愛煙家と嫌煙家の歩み寄りが必要な場合もありますね。

【たばこを止めたいのに止められないという方は、悩まず一度、禁煙外来に足を運んでみてはいかがでしょうか。】

関連記事

  1. 住宅の空き巣対策の方法

  2. 頭金はいくら用意すれば安心?

  3. 住宅の居心地のよい部屋づくり

  4. 注文住宅を建ててから後悔しない家選びのポイント

  5. 住宅の心地よさはここで決まる

  6. 住宅での時短家事のコツ

  7. 始めよう!ベランダ菜園

  8. 玄関に鏡を置くメリット

PAGE TOP