引越し準備初心者マニュアル

こんにちは、中村不動産の石原です。

岐阜県出身で山間部の冬の寒さには慣れているつもりでしたが、今年から東海市に引越しをし、山間部とは違った海からの寒気が感じられ、違った寒さを体感しています。

冬といえばスキーやスノーボードが楽しめる時期ですが、岐阜にも多くのスキー場があります。岐阜には温泉街もありますので、スキーやスノーボードを楽しんだ後は温泉で身体を温めてから帰るのがおすすめです!

今年引越しをしました。初めての引越しの際、どんな準備が必要なのか全くわからなかったです…

なので、これから引越しを考えている方に私のようにバタバタしないために引越し前に必要なことをまとめてみました!

まず引越しの手順を考えていきましょう!

引越しする前に必要なこと

一ヶ月前

・新居の決定をし、引越し業者やレンタカーを手配

・賃貸契約を結び、初期費用の支払い

引越し業者やレンタカーを手配する際、賃貸契約をする際は無駄な費用を抑えるためにそれぞれの見積りを出してもらい早い段階から比較検討することが大切です。

・旧居の賃貸契約の解約、駐車場の解約手続き

旧住居の賃貸契約、現在借りている駐車場を解約する際は1ヶ月前に連絡をしないと解約したい月に解約できない恐れがあるので一ヶ月より前の新居が決まった段階で連絡をすることをお勧めします。

・全体スケジュールの決定

新居の決定から引越し完了までの流れを確認し、スムーズに引越しができるようにスケジュールを決めましょう。

一ヶ月間~1週間前

荷造り(使用頻度の低いもの)

荷造りでは季節柄使わない服や靴、家電製品などをまとめておきましょう。

ライフラインの手続き ガス・水道・電気・インターネット(Wi-Fi)・固定電話 等

ライフラインでは賃貸会社に提案してもらえますし、自分自身でWebまたは電話で手続きがまとめてできるようなサービスもあるので、コストや内容を検討して選ぶことが大切です。

新居のレイアウト検討

お部屋のレイアウト検討も新居に何が必要で、どれくらいの大きさの家具を用意しなければならないかが把握できます。お部屋の窓やキッチンの幅など、家具やカーテンの入る寸法を測っておきましょう。今後の住みやすさや使い勝手が左右されるので一ヶ月間~1週間前にはおおよそ決めておきましょう。

一週間前

荷造り(すぐ使うもの)

引越し前日まで使うものは一つの段ボールに詰め、当日つかったものから詰めていくとスムーズに荷造りすることができます。

役所への届け出が必要な手続き

 (住所が変わる場合・「転出届」または「転入届」の手続きが必要

          ・印鑑登録の廃止)        ※身分証が必要です。

役所への届け出手続きとして、旧住所(現在)の市役所へ「転出届」、印鑑登録の廃止等の手続きを行います。「転出届」は新住所へ「転入届」を提出する際に必要です。届け出期限は新住所の市役所へ、引越しをした日から14日以内です。印鑑登録も新住所の市役所へ登録する印鑑を持参しての届け出が必要です。

冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジなどの電化製品の運搬準備

新居のレイアウト決定

 まとめ

引越しの準備はスケジュールを立てましょう。引越しするまでにするべきこと、費用見積もり依頼などを把握することができます。余裕を持って引越しの準備に取り掛かれるよう、1ヶ月~2ヶ月前には取り掛かり、スムーズに引越しができ、住みやすいお部屋で生活していけるよう今回の記事を参考にして頂けたら、幸いです。

関連記事

  1. 玄関土間のメリットと活用法

  2. 住宅での近隣トラブルの対処法

  3. ジブンハウス注文住宅〖洗面化粧台〗施工例

  4. リノベーションとリフォームの違い

  5. 土地探しのための情報収集の方法と注意点

  6. 住宅の夏への備え

  7. 新築壁紙

    東海市の注文住宅が解説 内壁の種類と注文住宅の壁選び~

  8. ジブンハウス3

最近のコメント

    PAGE TOP