防音

東海市の工務店が解説! 家づくりにおける防音対策について

家を建てる際に、防音性について気になる方も多いと思います。マンションなどの集合住宅だけでなく、戸建て住宅にも騒音の問題は起こりえるものです。
今回は、家づくりにおける防音対策について解説します。

騒音の種類

・空気音
外から聞こえてくるパトカーのサイレンや、ペットの鳴き声、雨風の音など、日常生活の中で聞こえる、その名の通り空気から伝わる音です。
・固体音
壁や床を伝わって振動して伝わる音です。会場の足音、水回りの音、ピアノの音などが挙げられます。
・空気音と固体音の混合音
空気と神道の両方から伝わる音です。例えば、家の近くで工事をしている時に、空気音としても聞こえ、同時に振動のような固体音としても感じませんか。これがこの種類です。大型トラックが家の前を走った時の音にもいえます。

防音性を取り入れるメリットとは

戸建て住宅でも家庭内の生活音は意外と外へ聞こえるケースがあります。ペットや小さなお子さまがいるご家庭や、音楽好きな方がいるご家庭、ホームシアターを設置されているご家庭などは、日々の生活音が外へ漏れてしまい、近隣トラブルなど音の問題につながる場合も考えられます。
防音を取り入れることで、近隣の住居環境や近所付き合いを良好にする点や、ププライバシーを外に漏らさない点などのメリットがあるのです。

遮音と吸音の違い

実際に防音するために必要な手段が「遮音」と「吸音」です。一見似ているように思いますがこの2つはそれぞれ異なります。
・遮音
遮音とは、空気中を伝わる音を遮断して、音が外へ透過しないようにすることです。室内の壁やしきりに、音の振動を伝えない遮音効果の高い素材や構造を採用することで、高い遮音性が得られます。具体的な素材としては、コンクリート、鉄板、石膏ボードなどです。また窓を二重ガラスにするなどの工夫で遮音効果を高めることもできます。
・吸音
「吸音」とは多孔質といわれる細かい穴の開いた素材によって音を吸収し、音の反射を防ぐことです。吸音性の高い素材は、ウレタンフォーム、グラスウール、ロックウールなどです。また、カーテンや畳なども吸音性のある素材で、音の反響を抑える役割があります。
防音をするためには、遮音と吸音を上手に組み合わせて、効果的に防音を実現させるのがベストです。「吸音パネルだけ」「遮音シートだけ」といった対策だけでは十分に効果が得られない場合もあるので、専門知識のある人と相談しましょう。更に防振まで考慮するとより高い防音が可能となります。

住宅の防音材について

防音のために住宅に使われることの多い代表的な素材を紹介します。
・遮音シート
排水管や、壁の下地に使われるシート状の遮音素材です。新築やリフォームにも使います。

・吸音ボード
吸音に考慮された建材で天井に使われます。表面の細かい穴が音を吸収して室内の響きを抑えること効果があります。
・遮音マット
床材の下に敷くタイプの遮音材です。床に伝わる衝撃音を吸収して、下の階に伝わる音を抑える効果があります。
・二重窓
窓を二重に配置するものです。インナーサッシとも呼ばれ、防音だけでなく断熱にも効果があります。

家づくりで確認しておきたい防音のポイント

・気密性と断熱性を確認する
一般的に気密性や断熱性の高い住宅は、遮音性も高いです。高気密高断熱の住宅は、外の音を外壁で遮り、跳ね返すことのできなかった音は壁の中の断熱材が吸収してくれるからです。狭小住宅などにもおすすめです。
・開口部をチェックする
空気音は、窓やドアなどの開口部を通り道として出入りします。二重ガラスや防音ドアの設置などで対策ができます。
・間取りを考える
家づくりの際、間取りを考慮することで、防音対策も可能となります。浴室やトイレなどの水回りは騒音の原因となることが多いためリビングと遠ざけたり、くつろぎたいリビングの上ににぎやかになりやすい子供部屋を配置しないなどです。また室内の環境だけでなく、隣の家と自分の家とのプライベートのバランスも考えると快適です。
・効果的な場所に絞ってコストを抑える
気になるからといって、あらゆる場所に防音対策をすると、コストもかかってしまいます。防音効果のある場所を絞って効果的に対策をするのもおすすめです。
例えば、ピアノを設置する際は、部屋全体を防音しなくても、ピアノの音が伝わりやすい部分に限定して防音対策を行ったり、近隣の騒音が気になる場合は、壁にのみ防音対策を行うなどです。「どの音を防音したいか」を明確にしてそれに合った防音対策を考えるとコストを抑えられます。
・遮音性を考えるなら、木造より鉄筋コンクリート造
木造に比べ、鉄筋コンクリート造の方が遮音性が高く、防音対策におすすめです。木材は通気性には適して嬰ますが音を通しやすい素材の為に遮音性が低いです。鉄筋コンクリート造は、低音、高温共に高い防音性を持っており、建築素材の中ではコンクリート造の住宅は最も防音性が高いといわれています。
周辺の環境や、建築構造、ライフスタイルによって、防音対策は変ってきます。音は生活する上でどうしても発生してしまうので、上手く対策して快適に住みたいものです。
これから東海市で家づくりを検討される方や、防音対策についてお考えの方は、ぜひ東海市の工務店へご相談ください。

関連記事

  1. 水切りラックが食中毒のもとに!?

  2. 春の衣替え

  3. 住宅の楽しくなる空間

  4. 東海市の中2階のある家

    東海市、知多市で快適!注文住宅~実際スキップフロアって本 当に良いの?…

  5. 東海市で屋根瓦にするなら

    東海市の注文住宅 ~一戸建ての屋根について~

  6. オープンハウスご来場いただきありがとうございました(*^_^*)

  7. キッチンの高さ

  8. 東海市の注文住宅でグランピングを楽しむ!

最近のコメント

    PAGE TOP