新築壁紙

東海市の注文住宅が解説 内壁の種類と注文住宅の壁選び~

部屋の雰囲気を大きく左右する内壁。デザイン性はもちろん、メリットやデメリット、コストや工期など、それぞれの特徴も様々です。今回は一戸建ての内壁選びに役立つ、内壁の種類や特徴について解説します。

◆クロス

内壁素材として一般的に広く使用されるのがクロスです。かつては、湿式といわれる塗り壁が一般的に使われていましたが、徐々に、施工の容易さや費用の安さなどにより、石膏ボードを下地にして糊で壁紙を貼る乾式工法が普及してきました。現在はこの乾式工法でクロスを貼る方法が主流となっています。クロスとは、壁紙の事です。クロスの素材は、塩化ビニールを使用したものや、和紙や織物など自然素材のものがあります。
・ビニールクロス
最も普及しているものです。種類やデザインの多さ、手入れの簡単さ、施工の容易さ、更にコストパフォーマンスの良さが選ばれる理由として挙げられます。

メリット
・種類やデザインが豊富
・施工費が安い
・汚れを拭き取りやすく、掃除がしやすい
・招集、防カビ、防火性等、機能性に優れた素材を選ぶことができる

デメリット
・耐久性に弱い
・結露しやすい
・高級感に欠ける
・部分的な補修が難しいなどが挙げられます。

・布クロス
布クロスは、綿や麻などを編み込んだ織物、木から取れるセルロースを再生した繊維、負織布などに紙を裏打ちして製品化したものです。シェア率としては低いですが、高級感を出したいお部屋や自然素材にこだわりたい部屋に選ばれています。

メリット
・素材感を感じられ高級感がある
・擦れに強く破れにくい
デメリット
・価格が高い
・汚れが付くと落としにくい
・施工に手間がかかる
・防火認定を受けたものが少ない為、使用できる部屋に制限がある

◆塗り壁

塗り壁は、土で仕上げる土壁や、漆喰を塗った漆喰壁など、のりや水で配合した泥上の物を壁に塗っていきます。自然の素材を使用するため、アレルギーなどの影響も少なく、また工業製品にはない空間になります。職人作業の為費用がかかります。
メリット
・防火性、耐火性が高い
・調湿性があるため、部屋の湿気を調節してくれる
・経年劣化しにくい
・静電気が起こりにくい為汚れが付きにくい
・吸音性に優れている

デメリット
・クロスに比べてコストがかかる

・汚れは付きにくい素材ではあるが、汚れが付いた場合に拭き掃除ができない
・塗って乾くまでに時間がかかる
・職人によって仕上がりが異なる

◆木材

木の香りがする家などの憧れのある方に人気の高い自然素材。ヒノキ、スギ、パインなど、針葉樹が多く使われます。他にも、重厚感のあるチークや、深みのある色が特徴的なウォールナットなどの広葉樹を選ぶ方もいます。無垢材と合板があり、高級感を出す場合、無垢材がおすすめです。
木の種類によって、質感や固さ、色などが異なるため、それぞれの特徴を知って選ぶ必要があります。

・メリット
・保湿、吸音、調湿性がある
・あたたかみのある空間を演出できる
・経過年数によって風合いが変わる

デメリット
・経年劣化による色あせや、ヒビ、反りが出る
・シロアリ対策が必要
・定期的に保護塗料を塗るなどのメンテナンスが必要

◆タイル

形や大きさなどデザイン性の高さが特徴のタイル。部分的に使用することも可能です。また、調湿性や消臭効果などの機能があるタイルもあり、デザイン性のみならず機能性でタイルを選ぶ方もいます。タイルは、原料や焼く温度の違いにより、陶器湿タイル、磁器質タイルなどに種類が分かれます。吸水性などがそれぞれ異なるため、使用したい場所の用途に合わせて選ぶとよいでしょう。

メリット
・耐久性、耐火性、耐水性に強い
・退色がなく、経年劣化が少ない
・デザインが豊富
・汚れが付きにくい
・掃除がしやすく、メンテナンスが容易
・他の壁材との相性も良く、部分的に使うことができる
デメリット
・材料や施工に費用がかかる
・下地にカビが生えやすい

◆ペンキ

カラーバリエーションが豊富で、個性的な空間に仕上げることができるペンキは、海外ではポピュラーなものの一つです。塗り替えも簡単なので、部屋の印象を変えやすい素材です。
メリット
・低コスト
・業者に依頼せずに自分で塗ることもできる
・塗り替えも可能

デメリット
・乾燥までに時間がかかる
・においが残りやすい

内壁の選び方

様々な種類の中から、実際に内壁を選ぶ場合、デザインも勿論ですが、気になるはやはり費用だと思います。内壁材で、価格を抑えるという点で適しているのはクロスです。壁は面積が大きい為、こだわった素材にすると費用が高くなります。そのため、価格を抑えることを重視するなら、クロスをメインに使用して、部屋によってタイルを部分的に取り入れたるなどの工夫をするのも方法です。

また、クロスは、価格が安い分、耐久性に弱く、結露しやすいなどのデメリットがありますが、最近では、このようなデメリットをカバーする機能性に優れたクロスもあります。予算に合わせて、このような機能性も視野に入れて内壁を選ぶとよいでしょう。
このように内壁にはそれぞれ特徴があります。部屋の目的、費用、住む人の用途と共に、トータルバランスで選ぶとよいでしょう。東海市の注文住宅で、住みよい家を建ててみませんか。気になることやご質問などありましたら、お気軽にご相談ください。

関連記事

  1. こんな注文住宅に住みたくなる

  2. ~家はスマホで買う時代~ジブンハウス東海

  3. 東海市の中2階のある家

    東海市、知多市で快適!注文住宅~実際スキップフロアって本 当に良いの?…

  4. 注文住宅を建ててから後悔しない家選びのポイント

  5. 住宅での時短家事のコツ

  6. 住宅での季節用品や寝具のお手入れ

  7. あると便利なハッカ油

  8. ジブンハウス注文住宅〖キッチン〗施工例

最近のコメント

    PAGE TOP