東海市知多市の工務店が解説 ~注文住宅で知っておきたいキッチンの種類~

新築キッチン

注文住宅の間取りを考える時に、キッチンをどのようにするかお悩みの方は多いと思います。毎日立つ場所だからこそ、快適な空間にしたいものです。
今回は、様々な種類があるキッチンについて、それぞれの特徴を紹介します。

◆キッチンの種類

住宅におけるキッチンは、まず「対面式」と「対面式以外」を選びます。対面式キッチンは、リビングを見ながら作業ができるので、家族とコミュニケーションを取りながら調理ができます。一方、対面式以外のキッチンは、壁にむかって配置されることが一般的ンで、調理に集中することができます。
対面キッチンには、沢山の種類があります。注文住宅で人気の対面キッチンについて紹介します。

・アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、文字通り、キッチンを島のように配置するキッチンです。開放感があり、作業中もリビングにいる家族とコミュニケーションが取りやすいのが特徴です。シンク、コンロ、調理台の部分を壁から離して作られます。設置するには広さが必要となります。複数人での作業がしやすいのもメリットです。一方、料理のにおいが広がりやすい為、換気扇の位置やパワー、風通しを意識して作る必要があります。

・ペニンシュラキッチン

ペニンシュラとは「半島」と意味します。左右どちら一方が、壁に隣接しているタイプのキッチンで、最近人気が高まっているキッチンです。
メリットは、アイランドキッチンに劣らない開放感を持ちながら、スペースがそれほど必要ない為、比較的設置しやすいタイプです。アイランドキッチンに憧れるけど、広さや予算が足りない場合におすすめです。また、壁側にコンロを設置すると、アイランドキッチンより、油跳ねなどの汚れを抑えることができます。
デメリットは、片側からしか移動ができない為、アイランドキッチンに比べると移動がしにくい点と、アイランドキッチンと同じく目隠しがない為、常に整理整頓を意識することが必要です。

・L字キッチン

コンロやオープンなどのスペースが壁側に並び、L字に曲がった形のタイプです。作業スペースがとりやすく、また、作業台がつながっているので、移動がしやすいことが特徴です。壁向き、対面どちらでも対応が可能で、家族が一緒にキッチンに立つご家庭にもおすすめです。
デメリットは、L字の曲がった部分がデッドスペースになりやすい点、間取りによっては家電が設置しにくくなる点、作業台の下の収納の奥行が深くなり、使いづらい場合がある、などです。

・I型キッチン

調理スペース、シンク、今度が一直線に配置され、壁に接しているスタイルです。広く使われているので、ご自宅のキッチンがこのタイプという方もいるかもしれません。キッチンの設置面積を減らせる点、対面、壁向き共に対応できる点、見慣れたスタイルで使いやすい点がメリットです。一方、収納スぺ―スが限られる点、動線がかぶりやすい為、複数人で同時に作業がしづらい点などがデメリットです。

・セパレートキッチン

コンロとシンクを分けて設置するタイプのキッチンです。水回りとコンロが分かれているため、作業がスペ―スが広々として取りやすく、効率よく作業できる点が特徴です。火を使う場所と水回りを分けて作業をしたいという方におすすめです。対面式と、壁付けの両方の良さが欲しい方にも向いています。デメリットは、ある程度の広さが必要になる点、コンロとシンクが反対側にあるため、食材や食器などを移動する時に水滴が落ちやすいなど注意が必要な点です。

素材選びもポイント

キッチンの形式はもちろん、見た目を決める素材選びも重要です。最近は種類も多く、また耐久性や傷の目立ちにくさ、高級感など、重視したい点に合わせた素材を選ぶことも可能です。キッチンを、単に実用性だけで考えるのではなく、LDKの一部として、お洒落でトータルバランスの取れたデザインを選ぶと、更に心地の良い空間となることでしょう。気になる素材は実際の製品を見る機会を作り、自分たちの目で確かめた上で、選ぶことがベストです。

パントリーについて

最近ではキッチンを選ぶ際に、合わせてパントリーを採用する方も増えています。パントリーとは、キッチン内の収納スペースとは別に作る食品庫の事です。可動棚になっているものや、デッドスペースを利用したもの、小部屋のようになっているものなど、スタイルは様々です。食品の保管としての利用だけでなく、頻繁に使わないキッチングッズの保管にも適しています。
パントリーを設置する際は、奥行きに注意が必要です。奥行きがありすぎると、奥の物を取り出しにくくなったり、死角で保管したものが見にくくなることもあります。また、換気設備が整っていないことが大半なので、熱やにおいがこもりやすいことも考えられます。パントリーを設置する際は、奥行きは浅めにして、保管するものの管理が行き届くようにするのがおすすめです。
いかがでしたでしょうか。キッチンの種類は様々で、それぞれ特徴があります。選ぶスタイルによって暮らしやすさや住まいの印象も大きく変化します。キッチンは毎日使う場所なので、デザイン性、機能性共に、ご自身に合ったキッチンを選びましょう。知多市の工務店で、お洒落で快適な家を建ててみませんか。注文住宅のご検討や気になることがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 冷房節約術

  2. 東海市平屋住宅

    東海市知多市の工務店が解説!ライフスタイルにあった平 屋住宅

  3. セカンド洗面所

    東海市の工務店が解説!セカンド洗面台のある暮らし

  4. いよいよ販売開始!!

  5. 戸建て用の宅配ボックス

  6. 住宅のナチュラルインテリアとは?①

  7. 住宅の楽しくなる空間

  8. もったいない家の買い方していませんか?

最近のコメント

    PAGE TOP