東海市平屋住宅

東海市知多市の工務店が解説!ライフスタイルにあった平 屋住宅

平屋住宅と聞くと昔ながらの日本の家を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、近年平屋住宅を建てる人が増えているのをご存知でしょうか?
疑問に思う人もいるかもしれませんが、最近の平屋住宅は想像以上に進化しています!古いなんて言わせない、おしゃれで個性的!さらに過ごしやすい住宅になっているのです。
しかし、1階部分しかないから不便では?間取りは?と悩む人も多いでしょう。
そんな悩みを解消でき、ライフスタイルにあった家を建てる事ができよう、ここでは平屋住宅についてお話していきたいと思います。

【平屋住宅とはどんな家?】

平屋とは「1階建ての家」のことを言います。
すべての空間がワンフロアに収まっており、上下移動の必要がないのが特徴です。1階部分しかないため2階建てに比べて不便ではと思う方も多いですが、2階建ての家よりも柔軟な作りにすることが可能で、コの字型やロの字型にして庭をつくるケースも多くみられます。
また、マンションと戸建てのメリットを両方兼ね備えており、階段がない点などから、この先ライフステージが変わっても無理なく暮らし続ける事ができるため、「一生住みたい家」として近年では幅広い世代から人気が集まっています。
デメリットと思える2階がないという点も、上方向の空間を活用する事で開放的な空間を演出する事が可能となり、自然光を天井からとりいれるなど、平屋住宅だからこそ出来る工夫が取り入れられた住宅が多くみられます。
1階部分しかないため間取りが制限されてしまうのではと思うかもしれませんが、階段などのスペースが必要ないため、無駄のない間取りにすることが出来、想像以上にゆとりのある空間を作る事が出来ます。

【平屋住宅のメリット・デメリット】

◇メリット
①ワンフロアでバリアフリーな空間に
マンションと同じように、全ての部屋がワンフロアに集約されており、上階への移動が必要ないため、小さいお子さんや高齢の方にも優しいバリアフリーな家を実現することが可能です。

②効率の良い生活動線
上下移動をする必要のない平屋住宅では、効率的に負担が少ない生活動線を作ることが可能です。日々の生活の中で、買い物の荷物を上階に運んだり、洗濯物を干す際に上階のベランダへ行く必要もありません。
生活動線がスムーズになる事で、家事をスムーズに完了することが出来、自分時間や家族との時間が増え、充実した毎日を送る事が出来ますね。

③家族のコミュニケーションが増える

平屋住宅では同じフロアで過ごすため、自然と家族同士のコミュニケーションが増えます。声をかけるとすぐに気づく距離感は、家族全員の安心感となり、温かい家庭を築き上げる事へと繋がります。


④屋根形状にあわせて天井を高くすることが可能
上階がないため、部屋の天井を屋根の形状に合わせて高く設計することが可能となります。天井を高くすることで、家全体に開放感を持たせることが出来、広い空間を演出することが出来ます。縦空間の広がりを利用してロフトを設置したり、大きな証明を取り付けるもできますよ。

⑤自然を感じる事ができる
平屋住宅は2階がない分、柔軟な設計をすることが出来、家の形をコの字型やロの字型にして庭を囲むように生活することが出来ます。
さらに、リビングから地続きでウッドデッキスペースを設けるなど、屋外と室内につながりを持たせた間取りで自然を楽しんだり、BBQをしたり、楽しい時間を過ごす事ができます。

⑤ペットを飼っている人にもおススメ
ペットを飼っている人にも、ワンフロアの段差のない平屋住宅は暮らしやすい環境と言えます。中には、庭へとつながる小窓を設置して、ペットが自由に行き来できる工夫をしている家もありますよ。

⑥ライフステージの変化に対応
多くの戸建てでは、2階部分を子ども部屋にしていますが、子どもが巣立った後は物置状態になってしまった・・・という話もよく耳にします。
その点、平屋住宅はワンフロアとなっているため、将来足腰に不安が出てきても上下移動がないため、体の負担が少なく生活することが出来ます。
子ども達が巣立って空いた部屋も2階に行かなくても良いので、有効的に活用することができます。

⑦自然災害に強い!
家を建てる際に心配になるのが自然災害による影響ですよね。
地震や台風によるダメージは高くなればなるほど揺れやすいため、平屋住宅は災害による影響を受けにくいと言われています。

◇デメリット
①十分な敷地が必要となる
住宅を建てるにあたり、用途地域によって敷地に対する建ぺい率や容積率が定められているため、その範囲内の大きさでしか建物を建てることできません。
そのため、平屋住宅を建てる際は、2階がない分広さを確保する十分な敷地が必要となります。
②日当たりに注意
平屋住宅では、中央に配置されている部屋に日光を取り入れるのが難しく、平屋造りにおいて光のとりいれの工夫は大きなポイントとなってきます。

また、2階建ての住宅に囲まれているエリアでは、1階建ての平屋はどうしても採光を確保するのが難しくなってしまうので注意が必要です。

【おしゃれな平屋住宅にするための工夫】

・中庭や天窓から光を取り入れる


家の中央に中庭を設置したり、高い天井に天窓を作る事で、平屋造りの課題でもある採光の問題をクリアすることが出来ます。家全体に光が行き届く事で明るい雰囲気となり、おしゃれな空間を演出する事が出来ます。


・こだわりの屋根や外観


屋根や外観にこだわりモダンな要素を取り入れる事で、昔の日本の家というイメージをくつがえす、おしゃれな平屋住宅に仕上げる事ができます。

・勾配天井で開放感のある空間に


平屋住宅では天井の設計に自由が利くため、勾配天井で上の空間に広がりを持たせることも可能です。コンパクトな平屋住宅でも圧迫感をなくし、開放的な空間を演出することが出来ます。

関連記事

  1. 住宅のナチュラルインテリアとは?④

  2. 頭金はいくら用意すれば安心?

  3. どんな注文住宅をつくろうか?

  4. 夏の家

  5. クエン酸活用術

  6. ジブンハウス2

  7. 火災保険とは

  8. いい家は注文住宅で建てる

最近のコメント

    PAGE TOP