建替える際のコンセントの位置

知多市で注文住宅を楽しむ~意外と見落としがち!コン セントの位置や数について~

建売り住宅や分譲マンションは、間取りもごくオーソドックスに仕上げている内容が多く、コンセントの位置はもともと「テレビを取り付ける想定」や「エアコンを取り付ける想定」といったように、お部屋に対して家具や電化製品の配置もなんとなくイメージできるコンセントの配置になっているものです。
反対に、注文住宅は1から完全に居住空間をプロデュースできるがゆえに、空間作りは成功したけれどコンセントの導線が想像と違った…ということが意外と起こりがちです。そこで考えておきたいお部屋に対してのコンセントの位置や数、またコンセントの数を適切にするとどんなメリットがあるかについて考えていきたいと思います。

コンセントの一般的な高さと1部屋に対しての数

・掃除機、空気清浄機、テレビのアンテナ端子
床に直置きするもの、低い位置で使用するものに対してのコンセントの位置は、一般的に床から25㎝の位置にあります。
掃除機の消費電力が300W以下であればコードは3.9m以上、300W以上であれば4.9mと規格が決まっており、一般的な長さが5mになっていることを考えると、その部屋の対角線上の距離が5メートル以上になる場合はコンセントが2ヵ所以上はあった方が安心ということになります。
ロボット型の掃除機を使用すると考えても、それ用にコンセントが一つ占有されるとすると、やはり違う隅の低い位置にコンセントは必要になるでしょう。
・エアコン用
業務用の天井はめ込み型のエアコンを最初から取り付ける場合はコンセントの位置は問題にならないのですが、いずれ子供部屋にするかもしれないから1部屋ごとにエアコンを取り付けられるようにしておきたいという時は、床から2mの位置で窓やベランダに近い場所にコンセントを配置します。よほどの広さがない限りは、エアコン用のコンセントは1部屋に1ヵ所でまず問題はないでしょう。

・ランドリー、お風呂場、洗面所
洗濯機用のコンセントは床から110㎝~120㎝にしておくと、水がかかって感電する危険性を避けられます。
使用する洗濯機にもよりますが、乾燥機も同じ場所に設置したい場合はそのどちらも置くことを想定した位置にコンセントが必要になります。
生活感を出したくないばかりに見落とされがちなのがドライヤーや髭剃り用のコンセントです。ヘアスタイリング用のアイロン、その他美容機器の使用や充電のことを考えると、引き出しの中にコンセントの差し込み口を作っておくのも一つの方法です。

・スマートホン、タブレット、パソコン
私たちの生活と切っても切り離せない存在なのが、スマホやタブレットといった通信機器です。
これらを充電するコードがごちゃごちゃして見えるだけで、せっかくのスタイリッシュな空間が台無しになってしまうこともあります。
それらを収納とともにスッキリと見せてくれるのが、ベッドルームのサイドチェストの中に充電スペースを作る、家の住人しか入らない納戸にコード類をまとめるといった方法です。
・キッチン用
キッチンの形によって、冷蔵庫用、電子レンジ用、炊飯器用といった場所にコンセントを配置していきますが、意外とキッチンで同時にコンセントを使用したい時もありますよね。コーヒーメーカー、ミキサー、トースター、ホームベーカリーなど、こだわりの品々を活躍させるためにもコンセントとともに余白のあるスペース作りを意識しておきたいものです。

生活スタイルに合わせてコンセントを考える

今回は、意外と見落としがちなコンセントの位置と数についてお話ししてきました。
せっかく注文住宅を建てるのだから、中庭のある家にしたい、土間の広い玄関にしたい、映画に出てくるようなウォークインクローゼットにしたいといったお声をよく耳にします。
そんな思い入れの詰まったマイホームで、間取り以上に実際の生活をイメージしてコンセントは配置できていますか?
中庭で子供にプールを出してあげたいけれど、コンセントが遠くて空気を入れてから運ぶ導線が難しい…
土間やウォークインクローゼットを掃除するのに毎回延長コードが必要になる…
キッチンのコンセントが電子レンジや炊飯器用に見えないようにした代わりに、ミキサーやコーヒーメーカーを使いたい時用に結局延長コードを足してある…
実際に住んでみると起こり得るのがコンセントのマイナートラブルです。
コンセントの位置や数をお部屋に対して適切にしておくと、快適なだけでなくホコリを被ってそこから引火する危険性を未然に防ぐことに繋がりますので安心ですね。
最近では卓上でお料理をするお洒落な調理器具も増えて、ダイニングにフロアコンセントを配置するご家庭も見られます。ご家族とどんな生活を楽しみたいのか、そんなイメージとともにコンセントを考えていきましょう。
他にも実際の生活に即したアドバイスを行いながら、注文住宅を一緒に作り上げていくお手伝いをさせていただきます。
知多市で注文住宅をお考えの方はお気軽にご相談くださいね。

関連記事

  1. いよいよ販売開始!!

  2. 住宅のナチュラルインテリアとは?③

  3. 住宅での季節用品や寝具のお手入れ

  4. ジブンハウス注文住宅〖トイレ〗施工例

  5. ジブンハウス注文住宅〖洗面化粧台〗施工例

  6. 趣味の家を注文住宅で

  7. リノベーションとリフォームの違い

  8. 新感覚の小上がりで暮らしの幅を広げよう!

最近のコメント

    PAGE TOP