内装材って何?

家を建てるなら外観や間取り、内装材などこだわりたい部分があると思います。

内装にこだわるのであれば外せないのが内壁材のチョイス。壁は内装の中でも大きな面積を占めるため、選ぶ材料で印象がガラッと変わってきます。

今回は内装材として使われることの多い、クロス(壁紙)、塗壁、木材、タイル、パネルのメリット・デメリットなどをご紹介します。さらに、塗壁のなかでもっとも人気の高い漆喰と珪藻土の特徴もご紹介します。

|クロス|

内装材の中でメジャーな壁紙とも呼ばれ、ビニールや紙、織物など様々な種類が選べるのが特徴です。

●メリット

 ・価格が安い

クロスは比較的安価に利用できる内装材です。その理由は、材料の価格が安く、扱いも簡単で工期が短く抑えられること。このメリットから張り替え費用も抑えることができ、メンテナンス性も良好です。

・掃除がしやすい

一部例外もありますが、クロスは簡単に掃除ができます。汚れた時は薄めた中性洗剤を浸した布を固く絞り、汚れた部分を拭きとってあげましょう。

・種類が豊富で好みのものが見つかる

クロスはメーカーから様々な柄が販売され、風合いや触感も多様なものが販売されています。機能も、防火、防汚、消臭、抗ウイルスなど様々なクロスが販売されていますので、ニーズに合ったものが見つかるでしょう。

●デメリット

・耐久性は少々難あり

高耐久のものを除き、一般的なクロスは引っ掻きや切断に弱く、扱いに注意が必要です。そのため、ガレージや子ども部屋など傷がつくことが予想される場所には向きません。

 |塗壁|

 塗壁は、漆喰や珪藻土などの壁材を壁に塗り、内装材にする素材。日本家屋では一般的な技法ですが、独特の風合いを好む人がいるため、現代建築でも取り入れられている内装材です。

●メリット

 ・調湿性、防火性、防音性に優れている

塗壁の多くは、天然素材を利用しているため、壁そのものが湿気を吸収・放出し、防火性や防音性に優れています。

・他の壁材には出せない独特の風合い

塗壁はその表面にコテの跡や気泡を残すことができます。まばらな表面やザラつきは塗壁の魅力です。

●デメリット

・掃除が難しい

多くの塗壁は水を吸収しやすく、あやまってワインや調味料をこぼしてしまうと、シミが残ってしまいます。味になる表面の凹凸にはほこりが溜まりやすく、掃除がしにくいです。

・仕上がりは職人さんの腕次第

塗壁を仕上げる職人さんは左官と呼ばれ、確かな技術が必要になる職業です。塗壁の仕上がりは職人さんの腕次第、仕上げの方法も職人さんに左右されます。また、手間のかかる仕上げの場合は長い工期がかさむこともあります。

 |塗壁は漆喰or珪藻土どちらがベター?|

 ここで知っておきたいのが漆喰と珪藻土について。どちらも人気がある塗壁材ですが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。

●漆喰

主な原料は石灰岩で、珪藻土と比べて強度が高く、外壁に使われることが多い素材です。また、防火性も高いことも特徴。古い蔵や城の外壁には漆喰が塗られていますが、高い強度と防火性を持ち、内部のものもしっかり守ってくれるからなのです。

そのほかに消臭効果や、調湿効果も備えていますので、心地よく暮らすことができそうです。

一方で施工に時間がかかることや、高価なこと、施工に高い技術が必要なことなどのデメリットがあります。その費用は一般的にクロスを選んだ場合に比べて5倍以上。手が出しずらい素材ではありますが、耐久性が高く、メンテナンスコストもかかりずらいので、長い目で見れば、安い買い物になるでしょう。

●珪藻土

主な原料は藻類の殻が化石化した土を使用していて、漆喰と異なり、内壁材として使用されてきた素材です。漆喰と比べて強度は落ちますが、コストは安く、耐火性や消臭効果を備え、調湿効果は漆喰より上。漆喰よりも扱いやすいので、DIYやセルフビルドにも向いています。

 デメリットは耐久性の低さで、単体では乾燥していても衝撃を与えるとボロボロ崩れてしまうこと。このデメリットを補うため、プロの左官職人さんはセメントや石灰を混ぜて強度をあげているそうです。

これらのことをまとめると、「予算に余裕がある」「強度が欲しい」場合には漆喰、「低予算に抑えたい」「さほど強度の必要のない内装を使いたい」場合には珪藻土と棲みわけが可能です。とはいえ、最近ではデメリットを補う工法も確立されているようです。どちらも魅力のある素材なので、要望があれば施工業者に相談してみましょう。

|木材|

木材の内壁は大きく無垢材と合板に分けられ、どちらも美しい木目が楽しめます。他の内装材に比べてナチュラルなテイストに仕上げやすいのも特徴です。

●メリット

・調湿性、保湿性がある

木材は空気中の湿気を吸収・放出してくれる素材です。なかでも無垢材の場合はその特徴が顕著。木そのものに空気を含むため、保湿性にも優れています。

・年数がたつにつれて風合いが変化する

マメに手入れされ、年月を経た木材は魅力的な見た目に変化していきます。古民家で見かける深い色合いの柱や、アンティーク家具のように見事な風合いに変わってくるのです。また、手入れすることで家そのものに愛着もわいてくるでしょう。

●デメリット

・定期的なメンテナンスが必要

木材は使われる環境によって反りや割れが生じる素材です。そのため、定期的なメンテナンスが必要です。木材は吸水性も高いため、汚れを防ぎたい場合にはコーティングが必要です。

|タイル|

建築でタイルといえば、陶磁器製のものが一般的。つやつやとした光沢のある質感は見ていて飽きることはありません。他の内装材にはない高い防水性と高耐久性もタイルの特徴。それでは長所と短所を紹介していきましょう。

●メリット

・防水性抜群

古い家屋をみるとキッチンやお風呂がタイル貼りになっていることがあります。一部例外もありますが、タイルには防水性があり、水をはじいてくれます。そのため、防汚性にも優れ、ふき取るだけで汚れが落ちて便利です。

・耐久性も高い

タイルは外壁に使われることもあり、少しの衝撃では壊れません。高い耐久性から時には、床にも使用させることがあります。

●デメリット

・コストが高め

タイルは他の素材に比べて価格が高く、多用すると費用がかさんでしまいます。柄が美しいタイルを使用するとさらに価格は高くなります。

以上で内壁材の説明は終わりですが、それぞれに長所、短所があることがご理解あただけたはず。適材適所というふうに素材には向いている場所とそうではない場所があります。

家を建てるときにはこちらの要望も伝えつつ、設計士や施工業者のアドバイスにも耳を傾けてください。

関連記事

  1. 住宅の室内でのたばこはあり?🚬

  2. 住宅での時短家事のコツ⏰

  3. 頭金はいくら用意すれば安心?

  4. キッチンの高さ

  5. 住宅のナチュラルインテリアとは?④

  6. ジブンメガネでモデルハウスVR体験👀

  7. ジブンハウス注文住宅〖トイレ〗施工例

  8. 住宅のナチュラルインテリアとは?①

PAGE TOP