東海市モデルハウスで増税の勉強会おこなっています。

 

いよいよ今年度消費税が10%に増税になります。何となくニュース等で皆様既に周知の事実ですね。さて具体的に東海市、知多市で注文住宅の新築又は分譲住宅の購入を検討する際にタイミングだったり、どういう工事すると補助金が出るの?とか難しい部分も多々あります。東海市の工務店イースタイルホームでは消費税増税に伴う住宅関連情報の勉強会を随時東海市モデルハウスで開催しております。

(以下の記事については2019年2月4日現在の定めとなっております。以降法律が変更となる場合もございますのでご留意願います)

|2019年10月がポイント|

原則としては注文住宅を新築する場合、2019年10月以降にお引き渡しを受ける場合は消費税10%が適用されます。ただし2019年3月中に請負契約を工務店等と締結しておけば例外的に現行の8%が適用となります。

|消費税増税前がお得なの!?|

消費税が増税となると当たり前ですが建物の価格にかかる消費税を沢山払う必要があります。よっていわゆる『かけこみ需要』で早く注文住宅を建てよう。又は早く分譲住宅を購入しよう。となるわけですがはたして本当に今建てた方が得でしょうか。これはわたしたちイースタイルホームの東海市モデルハウスでも良くご質問頂く内容です。この問いに対するご回答は『決してそうどはありません』です。

|なぜ増税後でも損しないの?|

政府の方でも増税後に新築着工が落ち込む事は良しとしていないので、消費税増税後でもメリットが出るような政策を出してくれています。以下のその主な政策です。

◆住宅ローン減税の拡充

◆住まい給付金の拡充

◆次世代住宅ポイント制度の創設

|増税後どれくらいのメリットがでるの|

例えば”住宅ローン減税”ですが今までは10年間にわたって住宅ローンの残高の1%が戻ってくるという仕組みでした。細かな事は省略するとして2000万円の住宅ローン残高があったとすると2000万円×1%×10年間=200万円です。10年にわたって総額200万円国がお金を返してくれるという事です。

増税後はどうでしょうか?増税後は返してくれる期間が3年延びて13年になります。という事は2000万円×1%×13年間=260万円です。

増税後の方が60万円余分に返してくれます。そもそも2000万円の消費税は8%なら160万円。10%なら200万円です。

よって増税後の方が20万円得をするという事になるわけです。

もちろんあくまで単純な計算をもとにしたシュミレーションで、お客様のご年収、計画する物件等で上記の通りに行かない場合もございますのでご注意お願い致します。

 

いかがでしたか?

いずれにせよ『もうすぐ増税だからすぐに建てなきゃ』と急ぐ必要なは無い様に思います。

 

イースタイルホームでは東海市のモデルハウスで具体的な例をもとに勉強会を随時行っております。気になる方は是非弊社モデルハウスで勉強会に参加下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 4月の住宅ローンの平均金利がすこーし上がりました

  2. 注文住宅の予算の考え方

  3. 新築を買うとき、新築を建てる時

  4. 固定資産税について

  5. 東海市の注文住宅は土地探しとプランニングとスケジュールを同時に考える

  6. 東海市で注文住宅の土地を探すときのポイントはスピード

  7. 東海市の工務店イースタイルホームでは各種勉強会を実施しています

  8. 注文住宅に関係する住宅ローンの話

PAGE TOP